2014年1月14日 21:07

覚悟の磨き方

こんばんは。火曜日担当の明日香です。

2014年を迎え、私は新しいことを2つ始めました。

ひとつは15年来「やりたいなぁ」と思いつつ自分では行動を起こさず「そのとき」を待っているばかりだった「着物の着付け」を始めたこと。

もうひとつは一冊の本を読み始めたことです。

 

「着物の着付け」に関しては、いつかやろう、その時がきたらやろう、なんて思っていましたが、これはもう「そのとき」なんていつまでたっても来ないと身にしみてわかってしまいました。なんせ振り返ってみたら、やりたい、と思い立ってからすでに15年も経っていたわけですから。

「チャンスが来たら迷わずつかめ」という言葉をよく耳にしますが、私に限ってはそれよりも「やりたいと思ったら多少無理してでもやってしまえ」という心構えのほうがいいような気がしています。

 

そして、着物の着付けを多少無理なスケジュールでもどうにか時間をやりくりして敢行してしまおう!と心に決めたきっかけになったのが、この本「覚悟の磨き方」です。

 

2014-01-03 20.33.51.jpg

 

この本は、明治維新の精神的指導者として知られる長州藩士、吉田松陰の言葉を「心」「士」「志」「知」「友」「死」というカテゴリに分けて掲載している本です。

私は坂本龍馬が好きなので、その繋がりで興味を持ったのですが、このひとの言葉は無駄なものが全部削ぎ落とされたとってもシンプルなものだなぁ、と思います。シンプルだからこそ、ダイレクトに心に届くような。

このひとは寛政の三奇人の一人と言われているそうで、相当な激情家(感動屋?)だったらしいんですが、人となりをあまり知らない私が言葉だけを拾っていくと、とてもしんとしたなかにぴーんと張り詰めたまっすぐな線みたいな印象を受けました。

なんだかとても静かに、でも力強く私の心にすたっ、と着地しているような感覚です。

 

全部で176あるこのひとの言葉を、ひとつひとつ、じっくりと自分に落としこんで実行していきつつ、この本とはゆっくり付き合っていこうと思っております。

 

また機会があれば、印象に残った言葉などもご紹介していきたいと思います(*^_^*)

 

スタッフプロフィール

デザイナー
竹崎明日香(タケザキアスカ)
誕生日
7月7日
好きな言葉
プロフェッショナル
好きなもの
カメラ、古い小説や古い音楽
プロフェッショナルといえば?
マイケル・ジャクソン
器がでっかいといえば?
坂本竜馬
一言
デザインやCMSカスタマイズのこと、日々の出来事や興味あることなどを書いて行きます。
興味の範囲がかなり狭いので、偏った内容になってしまう可能性大ですが、興味があれば絡んで下さい♪

株式会社CMねっとのホームページ

宮崎県北のクーポンサイトポークン

月別アーカイブ