2014年7月17日 14:10

こんにちは。フロントエンドエンジニアの明日香です。
「フロントエンド・エンジニア」なんて訳の分からない肩書を名乗りましたが、簡単に言えばホームページの設計及び実装をする人です。ちょっとかっこよさげに言ってみたかっただけです。

 

さて、先月予告したように、今日はCMSで作るホームページについてです。

これから何回かに分けて進めていこうと思います☆

 

 

CMSってなに?

 

まず、CMSってなんぞや?から入りますね。

ググるとContents Management System」の略称だと出てきます。

コンテンツマネジメントシステムの略。それでCMS。

 

・・・あのー、コンテンツマネジメントシステムってなにですか?

という新たな疑問にぶつかりました。

さらに深くdigってみましょう。

 

コンテンツマネジメントシステムは、ウェブコンテンツを構成するテキストや画像などのデジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称。(wikipediaより)

 

ざっくり言ってしまえば、原稿とか写真とか、とにかく材料さえ揃えられたら、技術的なことはわからなくてもブラウザ上から情報発信できちゃうよ、その他めんどくさいディレクトリ構造のこととかHTMLの中身とか、サーバーへのアップロードなんかはシステムがやってくれちゃうよ、というちょっと便利そうなやつなのです。

 

CMSを使ってホームページを作るとどんなメリットがあるか、これはあとでもうちょっと掘り下げますね。

 

 

いろいろあるCMS

 

CMSにも一般的なブログツールから、ショッピングなど目的に特化したものまでいろいろあります。

いまはクラウド型のものも多くなってきていますが、ここではオープンソース版のCMSをさらっとご紹介しますね。

 

ブログツールタイプ

 

Wordpress(ワードプレス)

世界的にもダントツのシェアを誇るCMS界のガリバーですね。

 

MovableTypeOS版(ムーバブルタイプオープンソース版)

個人的に私が大好きなCMS。気心しれたやつです。

 

 

ショッピングサイト構築タイプ

 

EC-CUBE(イーシーキューブ)

定番のショッピングサイト構築タイプCMSですね。

 

 

ウェブサイト構築タイプ

 

Joomla!(ジュームラ)

海外で人気のCMS。

 

ほかにも「Drupal(ドルーパル)」「Geeklog(ギークログ)」「島根県CMS(しまねけんシーエムエス)」など、CMSはたーくさんあります。

 

 

CMSでホームページを構築するメリット

 

CMSでホームページを構築するメリットはいろいろありますが、中小企業のホームページ担当者の目線でみたところのメリットを上げてみましょう。

 

1.更新が簡単!

CMSを使わないホームページの場合、ホームページやウェブに関するある程度の知識が必要になります。

ローカルのファイルをHTMLとCSSを駆使して更新してサーバーにアップロードして・・・めんどくさ!

その点CMSでは、ブラウザを開いて管理画面にログインして、専用の入力画面に文章を打ち込んで、ボタン一個で画像も掲載して、「保存」ボタンを押したらページが生成・更新されちゃいます。

簡単でしょう?

でもその裏では、システムくんがめちゃくちゃ頑張ってくれてます。

ファイル名を決めたり、画像をあるべきところに格納したり、関連のある他のページの情報を更新しにいったり、走り回ってくれてるんですよ。

 

2.リアルタイムな更新が可能!

制作会社に頼んだ場合、タイムラグはどうしても発生します。

CMSではリアルタイムな更新が必要になる部分は自社ですぐに更新できます。

 

3.複数人で管理できる!

通常のホームページを複数人で管理していく場合、誰が最後に更新したかによって、自分が今ローカルに持っているファイルが最新版とは限りません。

最新版でないファイルを更新し、サーバー上にある最新版を上書きしてしまった!なんていうアクシデントもよくある話でした。

CMSはウェブ上で更新するので、常に最新版にアクセスできますし、ユーザーごとに権限レベルを変えるということもできます。

つまり、「更新」はできるが「公開」は上司がする、「求人情報」は人事部しか更新できない、など、柔軟に管理できるんですね。

 

4.デザインが統一される

CMSはテンプレートをベースにページ生成をするので、自社で更新をしたためにホームページのデザインが大幅に崩れてしまった。。。なんていうことがあまりありません。運用していくうちにディレクトリ構造や画像の格納場所もとっちらかって収集がつかないということも起こりにくいです。

 

5.SEO対策

ホームページはかっこよくても検索エンジンにヒットしなければ、つまり見てもらう機会がなければ意味がありません。

更新が頻繁なホームページになると、検索エンジンからのホームページの評価が上がり、検索結果に影響します。

しかしホームページの構築時に適切なSEO対策を行っている場合のみ満足な効果を発揮しますので、CMSを利用して沢山更新しても結果に結び付かない場合もあるのではその点は注意が必要です。

 

 

逆にCMS導入のデメリットは?

 
1.イニシャルコストがお高め
これは大きいと思います。
システムの導入になるので、初期費用が高めになります。
長期的な目でみるとむしろ安いと言えるのですが、いっぺんにかかるお金を抑えたい企業様にはデメリットといえますね。
 
2.セキュリティの問題
これも注意が必要です。
IDとPASSさえあれば外部から簡単に更新が出来るシステムとなりますので、CMSを利用しないホームページに比べ、セキュリティの問題が高まります。
適切な対処法を押さえて構築すればそこまでのリスクはありませんが、シェア率の高いWordPressに関してはハッキング方法も多く出回っており、特別対策もせず利用している場合は危険かもしれません。
 
 
さて、今回はCMSとはなにか、CMSで作るホームページのメリットをお伝えしました。
次回は「CMSで作るホームページその2『CMSカスタマイズでもっと便利に♪』」というテーマでお送りしようと思います。
 
せっかくCMSを導入したなら、もっと便利に、もっと簡単に、もっとわかりやすく更新できるようにしたい!というお話です。
 
それでは次回またお会いしましょう(^^)

 

 

 

 

 

 

 

スタッフプロフィール

デザイナー
竹崎明日香(タケザキアスカ)
誕生日
7月7日
好きな言葉
プロフェッショナル
好きなもの
カメラ、古い小説や古い音楽
プロフェッショナルといえば?
マイケル・ジャクソン
器がでっかいといえば?
坂本竜馬
一言
デザインやCMSカスタマイズのこと、日々の出来事や興味あることなどを書いて行きます。
興味の範囲がかなり狭いので、偏った内容になってしまう可能性大ですが、興味があれば絡んで下さい♪

株式会社CMねっとのホームページ

宮崎県北のクーポンサイトポークン

月別アーカイブ