2015年4月22日 09:39

今朝、週に1回の業務でSSHアクセスしようとしたら、あれあれ?うんともすんとも言わないのです。

 

あ、こんにちは。ウェブサイト構築担当の明日香です。突然すみません。

 

SSHというのは、Secure SHell(セキュアシェル)といって、インターネット経由でも安全にアクセスできる、別のコンピュータにログインして操作するためのソフトウェアです。

150422_3.png

こういう威圧感のある画面で操作します。(黒い画面苦手・・・)

 

ただでさえ黒い画面苦手なのに、うわーやめてー。どうやったらなにがどうしてうんともすんとも言わないのか突き止められるかわかんない。

 

とりあえずログインしなおしてみたり、ブラウザ再起動したりしたけどだめでして、次の手段としてjavaを最新にすることにしました。

javaというのは、ウェブ用のアプリケーションを開発するための技術で、私の業務ではjavaを使ってSSHを実行しているので、関係あるかも、という可能性にかけてみました。

 

結論としては関係なかったです。でもjavaアップデートのおかげで原因が判明しました!

それはブラウザのせい。GoogleChromeのせい!でした。

 

Googleさん、ChromeにおけるNPAPIサポートを廃止する計画を発表していた!

 

javaのアップデートが終わった時に、

150422_1.png

こんな画面が出たのですね。

 

Google Chromeの使用を検出しました。このブラウザではJavaプラグインを使用できない可能性があります。バージョン42 (2015年4月リリース)以降、Chromeはブラウザがプラグインをサポートするという標準を無効化しました。

なんてこったよ。

そういえば最近GoogleChromeの標準フォントがメイリオに変わって、ブックマークの表示とか変わってたからアップデートしたんだなーって気づいたけど、あの時のバージョンアップデートでjavaプラグインが使用できなくなったのですね!

 

私は通常、インターネットブラウザはGoogleChromeを使っています。

今回のシェルアクセスももちろんGoogleChromeでアクセスしようとしてました。

高速だし、ウェブサイト開発に便利な機能がたくさんあって大好きなブラウザです。

お前のせいか!疑いもしなかったよ。

 

ウェブブラウザ用のjavaプラグインは、NPAPIというネットスケープ時代からのAPIを利用していて、このサポートをGoogleが廃止すると発表していました。

そして今月リリースされたChrome42からNPAPIを無効化したようです。

 

Googleバージョン42以降でもウェブブラウザ用のjavaプラグインを使うための対処法が記載されていたので早速設定して無事使えるようになりました。ありがとうOracleさん。

http://java.com/ja/download/faq/chrome.xml

 

でもGoogleは2015年末までにNPAPIのサポートを完全に廃止すると表明しているので、ちゃんと対策を考えないといけないようです。って私が使う分には別のブラウザ使えばいいだけだけど。

来年5月リリース予定のバージョン45からは完全に利用できなくなるみたいです。

 

ってことで、今朝遭遇した出来事でした!
ウェブ制作にはほとんど関係なかったですね。
来月はもうちょっとウェブ制作に関係ある話題で行こうと思います。

 

それでは5月にまたお会いしましょう(^^)

 

 

コメント(2)

面白い記事を共有していただき、ありがとうございます。
ChromeではJava実行不可って痛いですね。
他ウェブブラウザより先に完全排除を行うことが、Googleがウェブ世界からOracleを完全排除したいと受け止めます。
女の子がSSHを使って作業することが珍しいです。
私よりITに詳しいと思います。偉い!

■コメントする

スタッフプロフィール

デザイナー
竹崎明日香(タケザキアスカ)
誕生日
7月7日
好きな言葉
プロフェッショナル
好きなもの
カメラ、古い小説や古い音楽
プロフェッショナルといえば?
マイケル・ジャクソン
器がでっかいといえば?
坂本竜馬
一言
デザインやCMSカスタマイズのこと、日々の出来事や興味あることなどを書いて行きます。
興味の範囲がかなり狭いので、偏った内容になってしまう可能性大ですが、興味があれば絡んで下さい♪

株式会社CMねっとのホームページ

宮崎県北のクーポンサイトポークン

月別アーカイブ