2014年6月14日 17:16

シリーズ2回目!?前回に引き続き、ホームページ運用講座をお送りします。

 

「ホームページを作成する際、何に気を付ければいいの?」

「ホームページを活用したいけど、何から手を付ければいいか分からない」

「ホームページは全て業者さんにまかせて作成したので間違いないはず!」

「ホームページ?作ってあるから大丈夫だよ!」
 

などの方、実は知らないだけで実際間違った運用をしているケースも多々ありますので、このシリーズを通して沢山の方のお役に立てれば…と思います(^_^;)

 

より突っ込んだところが気になる方はお気軽にご相談ください!( ̄(oo) ̄)ノooooo 
 
 

 

前回は、作成時に「見た目」ばかり重視されて肝心の「集客方法」を意識ない問題に触れましたが、今回は「ホームページの目的の重要性」についてお話したいと思います。

 

sem2-1.jpg

 

実際ホームページ制作の際の打合せでは、「今時ホームページくらいはないと…」とか「ホームページを作ったら売上げが伸びるかな…」みたいな、漠然とした動機で依頼されるケースが、今でも結構多かったりします。

 

勿論しっかりとしたヒアリングをしていけば、大体はホームページを作る真の目的がある事も多いのですが、上記のような漠然とした状態でホームページ制作をスタートした場合、大半のホームページが役に立たないものになる事に。。。

 

費用をかけて制作するホームページが役に立たないものになってしまわない為にも、ホームページの目的の重要性を3つあげていきたいと思いますので、ホームページ制作をお考えの際や、運用・リニューアル時にお役立て下さい。

 

 

⇒ まず一つ目は「目的」の重要性。

sem2-2.jpg

何の為にホームページを作成するのか?

目的を良く考えずに制作する場合、いつしか「ホームページを作る事」が目的になってしまいます。

 

先程出てきた「今時ホームページくらいはないと…」とか「名刺代わり」「パンフレット代わり」などを動機としたホームページもこれにあたります。

こうなってしまうと完成させる事が目的になってしまい、内容は二の次になってしまいがちです。

 

さらに目的がない場合、制作会社選びの際に「目的が達成できるか」ではなく、「予算」や「見た目」を最優先にして考えられる割合が自然と高まりますので、さらに失敗するリスクが高まり、役に立たないホームページができがちです。

 

「ホームページで売上げを伸ばしたい!」「ホームページを新規顧客を増やしたい!」などホームページを公開する目的を今一度見直してみましょう。

 

貴方のホームページの目的は何でしょうか?

漠然と公開していませんか?

 

 

⇒ 二つ目に「ターゲット」の重要性。

sem2-3.jpg

目的がない、もしくは目的があいまいなホームページの特徴として、ターゲットを明確に設定していないケースも非常に多かったりします。

 

簡単に言えば「誰の為のホームページなのか」という事。

年代・性別・職業・地域・具体的な状態など、出来る限りターゲットを明確にして情報を伝えたい相手を設定します。

 

これが定まっていないとホームページ内の情報が「誰に向けた情報なのか」が曖昧になって、いまいち内容が伝わらないホームページになってしまいます。

 

何をするにもはっきりと対象が定まらず、ホームページの更新を頑張っても結果として思いつきや場当たり的な更新になってしまい、成果がつながらない原因になってくる事も。。。

 

最悪の場合、「お客様の為」がいつしか「社長の自己満足の為」のホームページに…なんて事にもつながりかねませんので、「誰の為のホームページなのか」しっかりと定めた上で、情報を掲載したいところです。

 

貴方のホームページのターゲットは誰でしょうか?

その人が求める情報をちゃんと公開していますか?

 
 

⇒ 三つ目に「目標」の重要性。

sem2-4.jpg

しっかりとした目的を持って、さらには誰に見てもらいたいのか、ここまで出来たら後はしっかりと目標を立てましょう!

 

具体的な「目標のないホームページ」では、ゴールのないマラソンと同じで永遠にゴールに辿りつく事はできません。

 

せっかく目的を持ってホームページを作るわけですから、具体的な目標時期(いつまでに)と目標アクション(何をしてもらうのか)、目標数値(どのくらいか)を決めて運営。

 

あとはホームページの解析ツールなどを使用しながら、検証と改善を繰り返していきます。

 

リアルの会社経営で考えると、どのくらい顧客がいるのか、売れ筋商品は何なのか、月々の売上げがどのくらいなのか、全く把握しない経営者はいないと思いますが、そこはホームページも同じです。

 

ホームページは適当に作って放っておいても結果が出る金のなる木ではありませんので、しっかりとした目標を立てて日々の運営を行っていきたいところです。

 

貴方のホームページの目標は定まっていますか?

日々の運用をきちんとデータ化できていますか?

 
 

● まとめ

というわけで今回は「目的」「ターゲット」「目標」の重要性をお話しましたが、ホームページの作成時には「集客方法」とこれらの事がしっかりと考えられていないと、せっかく作ったホームページが役に立たなくなる事になりかねません。

 

かと言ってそこまで難しく考える必要もありませんので、

ホームページで何をしたい(目的)か? をもとに、

・誰(ターゲット)に何時(目標時期)までに何(目標アクション)をどれだけ達成(目標数値)するのか?

と、これだけでもいいので制作前(依頼前)に考えておくといいと思います。

 

そうする事でホームページに必要な情報や機能が、ずいぶんと絞れてきて、結果スムーズかつ失敗が少ないホームページに仕上がる可能性が高まります。

 

例としてはこんな感じです!

 

ホームページで新規顧客を増やしたい(目的)

・関東地区の30代の主婦(ターゲット)を対象に、サイトオープンから1年間で(目標時期)までに、資料請求(目標アクション)を合計1000件達成(目標数値)する。

 

こうなってくると運用の方法についても、

どういった更新をしていくのか?

アクセスがどれくらい必要なのか?

検索エンジンをどう利用するのか?

広告はどうするのか?

と、具体的に何をしないと数値を達成できないか見えてきます。
 

と、相変わらずの文章量になってしまいましたが、次回からはいよいよ効果的な運用?についてのお話に入っていきたいと思います。

お楽しみに!!

 

スタッフプロフィール

代表取締役
竹崎大祐
(タケザキダイスケ)
誕生日
1980年10月10日
出身地
高知の海辺
好きな言葉
為せば成る!根性!
好きなもの
ロック、よさこい、ねこ、お肉。
地域をもっと盛り上げる事。
皆が皆、大フィーバー。
一言
延岡に来てから早5年…
すっかり宮崎のとりこになりました。
いつも前向きな土佐っ子です!よろしく!

株式会社CMねっとのホームページ

宮崎県北のクーポンサイトポークン

月別アーカイブ