2014年8月13日 15:30

シリーズ3回目!?前回に引き続き、ホームページ運用講座をお送りします。

 

「ホームページを作成する際、何に気を付ければいいの?」

「ホームページを活用したいけど、何から手を付ければいいか分からない」

「ホームページは全て業者さんにまかせて作成したので間違いないはず!」

「ホームページ?作ってあるから大丈夫だよ!」
 

などの方、実は知らないだけで実際間違った運用をしているケースも多々ありますので、このシリーズを通して沢山の方のお役に立てれば…と思います(^_^;)

 

より突っ込んだところが気になる方はお気軽にご相談ください!( ̄(oo) ̄)ノooooo 
 
 

 

前回は、作成時の「ホームページの目的の重要性」について書きましたが、今回は「ホームページ公開後の効果的な運用」についてお話したいと思います。

 

201408-1.jpg

 

まず最初に大前提のお話ですが、

「ホームページは作って終わりではありません。」

別の言い方をすれば「ホームページは作ってからが勝負!」という事です。

 

時代変化とともにユーザーニーズを含めた市場環境が変わっていくのは当たり前のことですし、競合他社の動きも含め、ホームページで満足な結果を出そうと思えば、日々それらの対策が必要となってきます。

 

よくあるのが制作時に完璧なものを求めて作り込んだものの、公開後は放置。。。

例えば、駅前の一等地にオシャレなカフェをオープンしても、後の営業努力を一切しないお店にお客さんが増えるでしょうか?

 

201408-2.jpg

 

リアルの店舗もそうですが、ホームページの成功もむしろ公開後にどれだけ効果的な手を入れるか…にかかっています。

 

 

 

具体的にホームページの効果的な運用法といいますと、大きく分けて2種類の手法に分かれます(^o^)/

 

 ①集客(アクセスアップ)の為の運用法。

 ②コンバージョン率(成果率)を上げる為の運用法。

 

要はアクセスを上げる方法と、成果率を上げる方法、それぞれの方法があるって事ですね!

 

 

 

 

なんだか全部解説してると長くなりそうなので、今回は「①集客(アクセスアップ)の為の運用法」について少しだけ掘り下げたいと思います。

 

201408-4.jpg

 

まずホームページで最初に重要となってくるのが、見た目のキレイさではなく、どれだけ沢山のターゲットに見てもらえるホームページなのかという事。

ホームページで満足な結果を出すためにも、まずは見る人がいないと話になりません。

 

 

 

アクセスを上げる…というと代表的なアクセス獲得法に2種類の方法、

「ホームページ自体の集客能力を上げる方法(SEO対策=ゆるやかに長期的)」

「外部から直接アクセスを引っ張ってくる方法(SNSや広告=瞬発的に短期的)」

がありますが、それぞれ一長一短があります。

 

 

 

今回は個人的な好みの関係からも、長期的なメリットの多い前者をメインにお話したいと思います(笑)

こちらはホームページの内部構造にも大きく関わり、耳にした事もあるかもしれませんが「SEO対策」というヤツも関係してきます。

 

カンタンに言うと自社のお客さん(ターゲット)が検索するであろうキーワード、例えば弊社「CMねっと」でしたら、「延岡 ホームページ制作」とかで検索した時にきちんと上位にヒットするようなホームページになっているかと言う事です。

 

「新規顧客獲得」がホームページの目的にある場合は、「 地域 + サービス名 」とかで検索した時にきちんと上位に来ないと見てもらえません。

 

※既存顧客や取引先などの会社名を知っている方だけに見てもらえばいい!というホームページであれば、「 会社名 」という検索キーワードだけでもOKですが、あまり現実的じゃないと思います。

 

個人的にはお客さんが検索してもちゃんと上位に出てこないホームページは無価値だと思っています。

 

201408-3.jpg

 

一応、こういう便利なツールで、一括チェックも出来ますのでご興味がある方は一度試されてみてください。

 

⇒ 検索エンジン一括順位チェックツール あなたのサイトは何位?

http://broadentry.com/rankingchecker/

(自社のホームページアドレスと、検索したいキーワード「 地域 + サービス名 」などを入れて、一度に5検索分までまとめて順位チェックができます)

 

また、こちらは制作会社がきちんとした専門知識を持った上での構築をしている事を前提とすれば、後は公開後の運用次第である程度順位の変動が図れます。

 

 

 

…といっても公開後の運用についてノウハウを細かく言いだすとキリがなくなるので、SEO対策に関する専門知識がなくてもカンタンに出来るいくつかを書きます。

 

ブログ等でも効果はあると思いますので、アクセスアップしたい…と思う方は下記の方法を是非試されて下さい(^o^)/

 

1、公開後も積極的に更新をしよう!

積極的というと更新頻度をあげる事に着目しがちですが、それよりもコンテンツの質が重要です。

オリジナリティのある自分自身の文章で、事業に関係したホットな記事を随時追加していきましょう。

他にない有益な情報を掲載していく事で自然とホームページの検索順位の評価があがる可能性が高まります。

制作時であれば、他サイトの内容は参考までにとどめ、文章等の転用はしないように。

過去に転用しているコンテンツがある場合は、出来るだけ書き換えるようにしましょう!

 

2、検索にヒットして欲しいキーワードは必ず文章内に入れよう!

ホームページ内に掲載されていないテキストは原則検索エンジンにはヒットしません。

出来るだけ意識して「地域」「サービス名」「ターゲット情報」などを文章内に盛り込むようにしましょう。
ただし、あくまで「自然で分かりやすい文章」を基本とし、キーワードを意識しすぎるあまり、過剰に盛り込んだ文章や不自然な文章にならないように気をつけましょう。
 
3、ホームページへのリンクを貼ってもらおう!

昔ほど効果的ではありませんが、検索エンジンからの評価基準のひとつに被リンクの質・量があります。

分かりやすく言うと沢山のところから紹介されているホームページは信頼性が高いだろう…という評価を検索エンジンは少なからず行っています。

ですので、同業界の方や取引先、お客さんの方にホームページやブログなどで紹介してもらえる機会があれば、進んでしてもらいましょう。

しかしながら、そこを悪用するリンクスパム業者が増加した事もあり、検索エンジンからの対策として近年、大量の不自然なリンクや特定のサイトからのリンクは逆効果となっています。

なので、お金でリンクを購入する方法や、大量のリンク掲載サービスが今でも沢山ありますが、ペナルティをくらう可能性も高いので極力利用しないでください。

 

 

…の合計3つ、つまりお客さんが求める情報を考え検索に必要なキーワードを文章内に入れるです。

そして、あわよくば誰かにホームページの紹介をしてもらう。

 

201408-5.jpg

 

他にも色々な手法がありますが、この3つは比較的どなたでも取り組みやすい事ではないでしょうか?

 

 

 

 

● まとめ

というわけで今回は「ホームページ公開後の効果的な運用」についての「アクセスアップ」についてお話をしましたが、ホームページの効果的な運用にはアクセス解析が必須になってきます。

 

ホームページにアクセス解析がない場合、

・日々どれだけのアクセスがあるのか?

・何かしらの対策を行った時にどれだけ効果があったのか?

・来訪者の様々な傾向(検索キーワード・端末・動き)

などが分からない状態となります。

 

これは実店舗で考えると、「どんなお客さんが来ているのか知らない」「先月の帳簿も今月の帳簿も分からない」「お客さんが求めているものも分からない」のようなありえない状態で、ホームページの運用でも非常に悪い運用状態となります。

 

また、上記文章中で、制作会社がきちんとした専門知識を持った上での構築をしている事を前提とすれば…とありますが、こちらはデザインとは全く関係がなく、見た目には判断が非常に難しくなってきますので、気になる方は先程の

 

⇒ 検索エンジン一括順位チェックツール あなたのサイトは何位?

http://broadentry.com/rankingchecker/

 

とか、

 

⇒ Another HTML-lint 5

http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html

(ホームページの内部構造を採点。100点満点の減点方式でマイナス点数が出ます。。。基準としてはマイナス点数はちょっと作りが雑かもしれません)

 

などで、自社ホームページや制作会社さんのホームページの採点をすれば、ざっくりとですが目に見えない部分の品質が分かったり、制作会社を選ぶ際にも参考になるのではないでしょうか。

 

ちなみにAnother HTML-lint 5100点満点だったからと言って、検索結果の順位向上に直結する…というものではありません

 

しかしながら、点数が高ければ高い程、より多くの環境で適切なホームページの表示・動作をしやすいですし、運用上の様々な問題を発見、修正しやすくするというメリットを持っています。

 

また検索エンジンやアクセスアップに関するノウハウを持っている制作会社の多くは、純粋にホームページの目に見えない部分、つまり正しいHTMLの内部構造(XHTML+CSS)にも気をつかう傾向があるので、そういった判断をする上でも上記診断は有効かもしれません。

 
 
 
とまあ今回もえらく長い文章になりましたが、詳しいホームページのチェックをしてほしい!という方はお気軽にご相談ください。
 
 

次回も引き続き、効果的な運用「②コンバージョン率(成果率)を上げる為の運用法」についてのお話に入っていきたいと思います。

アクセスは沢山あるのに、結果が出ない!!そんな方は必見???

お楽しみに!!

 

■コメントする

スタッフプロフィール

代表取締役
竹崎大祐
(タケザキダイスケ)
誕生日
1980年10月10日
出身地
高知の海辺
好きな言葉
為せば成る!根性!
好きなもの
ロック、よさこい、ねこ、お肉。
地域をもっと盛り上げる事。
皆が皆、大フィーバー。
一言
延岡に来てから早5年…
すっかり宮崎のとりこになりました。
いつも前向きな土佐っ子です!よろしく!

株式会社CMねっとのホームページ

宮崎県北のクーポンサイトポークン

月別アーカイブ